ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

カーリース

2022年1月24日 (2022年5月20日 更新)

カーリースで後悔しないために。契約前に知っておきたい注意点4選

カーリースで後悔しないために。契約前に知っておきたい注意点4選

カーリースは損だという意見を聞き、デメリットが多い印象を受けたことはありませんか?
カーリースにはさまざまな規定があるため人によっては利用しづらいと感じるかもしれませんが、使い方さえ間違えなければ、お得に車を利用できる便利なサービスとなっています。
カーリース契約で後悔しないためには、注意点をしっかり抑えておきましょう。

今回はカーリース契約前に必ず知っておきたい、カーリース契約の注意点について詳しく解説していきます。

カーリースとは?

カーリースとは契約年数に応じて車に残価を設定し、残価を差し引いた分をリース料金として毎月分割で支払いを行うことで、自分の車のように利用できるサービスです。
購入とは違い、頭金や初期費用はリース料金に含まれているので、資金に余裕が無くても気軽に車を手にすることができます。また、車両価格の全額を支払う必要がないため、ローンよりもお得に乗ることができるといったメリットも持ち合わせています。

カーリースは「損」ってホント?

カーリースは「損」ってホント?

頭金不要でお得に乗れるカーリースですが、車の乗り方や楽しみ方によっては向き不向きがあります。カーリースの注意点をしっかり把握せずに契約してまうと、人によっては損だと感じることもあるかもしれません。

カーリースで後悔しないためのチェックポイント

カーリースで後悔しないためのチェックポイント

カーリースで後悔しないためには、必ず契約内容や条件を事前に確認しておくことがポイントです。「お得に乗れる」という費用面のメリットだけを見て契約してしまうと、思わぬ後悔につながることもあるでしょう。カーリースのメリットのほか、デメリットに関してもしっかり確認したうえで契約すれば、安心して利用することができます。
以下、カーリースで後悔しないためにチェックしておきたいポイントについて、具体的に確認していきましょう。

車が必ずもらえるわけではない!

カーリース契約において、「車がもらえる」と耳にしたことがある人もいるでしょう。しかしこれはカーリースの契約形態によって異なるため、必ずしも車がもらえるわけではありません。具体的には「オープンエンド」と「クローズドエンド」どちらを採用しているかにより変わってきます。

オープンエンド方式のカーリース

契約者に残価を提示させるサービスです。契約者自身で自由に残価を設定することもでき、契約期間終了後に残価の精算を行えば、車を返却せずに買い取ることもできます。

クローズドエンド方式のカーリース

リース会社側で残価を設定し、契約者に提示されることはありません。そのため原則として車は返却する必要があります。

オープンエンド方式では、精算時の金額がその時の車の市場価値によって変動する可能性が高いため、いくら支払う必要があるのか契約時点では予測することはできません。
このことを確認しないまま契約してしまうと、契約終了時に高額な支払いが発生する可能性があり、後悔することにもなりかねないため注意しましょう。 オープンエンド方式にする場合は、残価を無理なく設定しておくことが大切です。

走行距離やカスタマイズに関する制約

走行距離やカスタマイズに関する制約

残価設定をするカーリースでは走行距離の制限や、カスタマイズ不可というような制約を設けているのが一般的です。制約を破ると返却の際に、別途精算が発生することもあるため、契約前にしっかりと確認しておき、決まりを守ったうえで車を利用する必要があります。

契約できる年数を確認!

カーリースは原則として中途解約が認められていません。ライフスタイルの変化などでやむを得ず解約する必要があった場合には、残りの契約年数に応じて解約手数料を支払う必要があります。特に長期契約のカーリースはこうしたリスクが大きいため注意が必要です。自分のライフサイクルに合わせた契約をするよう心がけましょう。

月額料金を確認!

月額料金を確認!

カーリースは毎月一定の額を契約終了となるまで支払い続けなければなりません。そのため、無理のない支払金額かどうかを事前に確認しておくことは非常に重要です。
万が一支払いが滞ってしまうと、その後のカーリース契約や金融審査などにおける場面で支障をきたす恐れがあるため、自分の収入に見合った無理のない契約を結びましょう。

そのほか、カーリース利用でよくある注意点

そのほか、カーリース利用でよくある注意点

上記に挙げた4つのポイント以外にも、カーリース利用時に注意しておきたいことがいくつかあります。こちらも勘違いしてしまう人が多いため、事前に確認しておきましょう。

任意保険は自費負担

リース料金に含まれる保険料というのは、あくまでも「自賠責保険」の部分のみとなっています。(リース会社により一部例外あり)そのため、任意保険の保険料は別途自己負担しなければなりません。任意保険に加入していないと万が一の事故の際、膨大な修理費用や損害賠償などが発生するかもしれません。そのようなリスクを避けるためにも、任意保険への加入は必ず行いましょう。リース会社によっては、カーリース特有の任意保険を用意しているところもあります。

車の所有者にはなれない

契約期間中、車は自分のモノであるように自由に利用できますが、実際には車の所有者はリース会社になっており、契約者はあくまでも「使用者」となっています。
契約終了後に車がもらえるプランであっても、カーリース契約中は所有者にはなれません。

契約前には審査が必要

カーリース契約には、事前に審査が必要です。審査によって、必ずしもカーリース契約ができるというわけではありませんので注意しましょう。
リース会社によって、場合によっては連帯保証人を立てることで審査に通過できるケースもあります。

契約内容の確認はしっかりと!

契約内容の確認はしっかりと!

カーリースにはさまざまな決まりごとがあるため、カーリースに向いていない人も当然出てきます。気軽に車を持てるメリットは大きいものの、カーリースに不向きとなる人が契約してしまうと、デメリットが大きくなり、結果として「損をした」と感じることでしょう。

勘違いが後悔を招くことにもなりかねないため、カーリースのデメリットや注意点などは契約前にしっかりと把握したうえで利用しましょう。

お得に車に乗るならジョイカルのカーリース!

お得に車に乗るならジョイカルのカーリース!

カーリースのメリットを最大限に活かしてお得に車に乗るならジョイカルのカーリースがおすすめです。ジョイカルなら、ライフスタイルに合わせて好みの契約形態を選ぶことができます。

NORIDOKIなら3年単位で新車を乗り換え!

NORIDOKI(ノリドキ)は、3年単位で乗り換え可能なクローズドエンド方式のカーリースです。3年の短期リースにもかかわらず、お得なリース料金で人気車種を厳選して提供しています。短期契約なので中途解約のリスクも最小限に抑えることができ、新車リースのため故障リスクも少なく、安心して車に乗ることができます。

POINT

NORIDOKIなら3年単位で新車に乗れるクローズドエンド方式のカーリースです。中途解約や故障のリスクも抑えておトクにご利用できます。
NORIDOKIの詳しい情報はこちら

セブンマックスなら車検料もコミコミの月額定額制!

セブンマックスはオープンエンド方式を採用した7年契約のカーリースです。オープンエンドなので契約終了時、残価精算をすれば車を返却せず自分のモノにすることもできます。
セブンマックスは月々8,800円(税込)からと非常にリーズナブルな価格での新車リースが可能な点が大きな特徴です。月々2,750円(税込)の「まごころパック」を付帯すれば、半年ごとに充実したメンテナンスを受けられるので、7年間安心して乗り続けることができます。

POINT

セブンマックスは、車検費用や維持費も込みの、7年間のオープンエンド方式の長期リースです。まごころパックで充実したメンテナンスが受けられ、安心してご利用できます。
セブンマックスの詳しい情報はこちら

まとめ

今回は、カーリース契約前に知っておきたい、カーリース契約の注意点について詳しく解説しました。
カーリースの注意点として「車は必ずもらえるわけではない」「車の使用には制限がある」といった点や、「契約年数」「リース料金」がそれぞれのライフスタイルに合っているか、無理のない契約であるかを事前に確認しておく必要があることを挙げました。

車の乗り方や楽しみ方は人それぞれですので、なかにはカーリースに向いていない人もいるでしょう。カーリースの特性をしっかりと理解して、自分に合っているかどうか見極めたうえで、カーリースの利用を検討してください。

WRITER筆者

窪谷 ちひろ (くぼや ちひろ)株式会社ジョイカルジャパン マーケティング本部WEB・企画ユニット所属

資格・免許
・普通自動二輪車免許
・普通自動車免許(初心者マーク中)
略歴・職歴
大学時代はイギリス鉄道の研究を行う。在学中にバイクの免許を取得し、モビリティの沼にはまる。大学卒業後、株式会社ジョイカルジャパンに入社マーケティング本部WEB・企画ユニットへ配属。
PR
ライダー目線、4輪は初心者マーク目線で、車に関する情報をお伝えします! また、女性ならではの目線でもみなさんに車の楽しさをお伝えできたらと思います。
キャンプが好きなのでアウトドアシーンでの車遊びはお任せください!

RELATED関連記事

もっと見る