ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

カーリース

2022年1月24日 (2022年5月20日 更新)

カーリースが損といわれる理由は?おすすめしない人の特徴など紹介

カーリースが損といわれる理由は?おすすめしない人の特徴など紹介

近年、個人の契約者も増えつつあるカーリース。契約時、頭金を支払う必要がなく、毎月一定の費用で車に乗れるのが最大の特徴ですが、なかにはカーリースは損なのではと、マイナスな印象を持つ人もいるのではないでしょうか。カーリースのデメリットばかり耳にしたり、周りに利用者がいなかったりすると、良いイメージを抱きづらいかもしれません。しかし、上手に活用すればカーリースならではのメリットがあることも事実です。

そこで今回は、カーリースのデメリットに注目して、カーリースが損だといわれる理由と、リースをおすすめできる人・できない人の特徴について詳しく解説していきます。
カーリースに興味はあるものの、自分に合ったサービスかどうかがわかりづらく悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

カーリースとは?

カーリースでは、通常車の購入時に必要となる自賠責保険料や重量税などといった初期費用の支払いが不要。毎月定額のみで車に乗れるサービスです。

基本的にリース終了後は車を返却しなければなりませんが、なかには車がもらえるサービスも。カーリースといっても多様な契約形態があり、例えば残価の差額精算の有無や契約プランの内容なども、業者によってそれぞれ異なります。

カーリースが損だといわれる理由

カーリースが損だといわれる理由

まずは、カーリースが損だといわれる理由について具体的にチェックしていきましょう。

総支払額が高くなってしまう

カーリースは信販会社の利用が必要となるため、少なからず利息の支払いが発生することになります。そのため、現金で一括購入できる人にとっては、利息分を考えると総支払額が高くなるといえます。

走行距離に制限がある

残価設定のあるカーリースでは、将来の車の価値をあらかじめ把握するために、走行距離に制限を設けている会社がほとんどです。
万が一指定された走行距離をオーバーしてしまった場合は違約金の支払い義務が発生するため、日常的に走行距離が多い人や、突発的に長距離走行することがある人は損をしてしまう可能性があります。

中途解約すると解約金が発生する

契約時に定めたリース期間によって月額料金を設定していることもあり、万が一中途解約をしてしまうと解約金が発生します。そのため、ライフスタイルの変化により車が不要になったり、乗り換えが必要となったりする可能性がある人は注意が必要です。契約が長期にわたるほどリスクが高くなるといえるでしょう。

返却時の状態によって追加料金が発生する

原則としてリース車は、契約期間終了後に返却しなければなりません。その際、車についたキズやへこみ、修理の必要性があるなど、返却時の車の状態によっては追加料金が発生する可能性があります。追加料金を支払わなくて済むように、定期的なメンテナンスを怠らず大事に車に乗る必要があるでしょう。

カスタマイズができない

リースは車を借りている状態になるため、原則としてカスタマイズができません。特に車を自分好みに改造したいという人や、車の点検や修理などを自分で行いたい車好きにとって、車を自由に扱えない点はデメリットだといえるでしょう。

このように、ドライバーがカーリースに何を求めているかによって、損だと感じるかどうか意見が分かれることになります。

カーリースをおすすめしない人の特徴

カーリースをおすすめしない人の特徴

上記を踏まえて、カーリースをおすすめできない人の特徴について確認していきましょう。

自己資金に余裕のある人

貯蓄に余裕があり、購入時の頭金の支払いや、車にかかる急な出費が苦ではない人は、カーリースのメリットを感じにくいといえるかもしれません。また、現金で購入できる人にとっては支払総額の面からリースは割高となる可能性があります。

長距離の運転利用を目的にする人

カーリースでは走行距離の制限が設けられており、オーバーすると違約金が発生してしまうため、長距離の運転を目的としている人には向かないでしょう。

自由にカスタマイズしたい人

自分の車を自由にカスタマイズしたい人や、車のメンテナンスをはじめ、ちょっとした修理などの車いじりを自分で行いたい人は、カーリース契約は避けたほうが無難です。

短期間のみ利用したい人

中途解約ができないカーリースでは、いずれ車を使う予定が無くなる可能性のある人や、ある一定の期間だけ車に乗りたい人にとっては、契約リスクが高くなるかもしれません。なかには1年~3年以下の短期リースを提供しているリース会社もありますが、リース料金が割高となることもあるため注意しましょう。

このような条件にひとつでも当てはまる人のカーリース契約は、リスクが高くおすすめできないため、現金またはローンを組んで自己所有とする方が良いでしょう。
反対に、自己資金に余裕がないけど車を欲しい人や、車にこだわりが無いといった人はカーリースに向いている可能性があります。

カーリースのメリットを整理!

カーリースのメリットを整理!

ここで、カーリースをおすすめできる人向けに、カーリースのメリットについて整理していきましょう。最大のメリットは、頭金が不要であること。それ以外に見落とされがちなメリットについても詳しく解説していきます。

まとまったお金が無くても車に乗れる

まず挙げられるのは、まとまった資金が無くても車に乗ることができるということです。頭金の支払いが不要なため、貯蓄に余裕がない人でも安心して車に乗ることができます。

月々定額の支払いで先々の支払い計画が立てやすい

月額のみで車に乗れるため、車の所有に毎月いくらかかるのかが見えやすく、支払い計画が立てやすいといったメリットがあります。家計管理が苦手だという人にもおすすめのサービスです。

車検が不要・もしくは車検の費用もコミコミ

車を所有することで発生する不透明な出費といえば「車検費用」。また車検をどこに出せば良いかを考えるのが面倒だという人も、なかにはいるかもしれません。

カーリースなら、車検費用も月額に含まれており、車検を出す業者もリース会社で指定されているケースがほとんどです。「車検が大変」と感じている人にとって、大きなメリットだといえるでしょう。

ネットで簡単に手続きができる

現在、新車をネットで買えるサービスは、実質カーリースのみとなっています。カーリースならネット上から審査の申し込みもでき、さらに契約手続き~納車までがすべてネットで完結します。
対面購入に比べ、簡単に手続きが完了するカーリースは、忙しい人にとってもうれしいサービスです。

カーリースは必ず損をするわけではない!

カーリースは必ず損をするわけではない!

カーリースには利用する人によって、それぞれメリットとデメリットがあります。制約が多いため損をするといわれがちですが、車の利用目的やその人の車の乗り方によっては必ずしも損をするわけではありません。

また、カーリースにはサービスを提供する企業ごとに契約内容やサービスが異なります。契約前にはしっかりと内容を確認し、どんなサービスが自分に合っているかを見極めたうえで、上手に活用しましょう。

お得に車に乗るならジョイカルのカーリース!

お得に車に乗るならジョイカルのカーリース!

自分に合ったカーリースを選びたい人はジョイカルがおすすめです。ジョイカルなら、利用目的やライフスタイルに合わせて選べるカーリースのサービスを取り揃えています。

NORIDOKIなら3年単位で新車を乗り換え!

ライフスタイルに合わせて3年の短期リースを試したい人は、NORIDOKI(ノリドキ)がおすすめです。NORIDOKIでは短期契約にもかかわらず、低価格を実現。場合によってはローンよりも低い金額で新車に乗ることができます。もちろんボーナス払いも不要です。

POINT

NORIDOKIなら3年間の短期リースで新車に乗れます。低価格で別の新車へ乗り換えできるのでおトクにご利用できます。
NORIDOKIの詳しい情報はこちら

セブンマックスなら車検料もコミコミの月額定額制!

セブンマックスは7年の長期リースで月々8,800円(税込)からリース契約ができるカーリース。長期間車に乗ることが決まっている人はセブンマックスがお得です。
セブンマックスなら車検費用も月額に含まれているので、リース期間中にまとまった費用を用意する心配がなく、安心のカーライフを送ることができます。

POINT

セブンマックスは、車検費用や維持費も込みの、7年間の長期リースです。費用を気にすることなく、人気の車種を新車でご利用できます。
セブンマックスの詳しい情報はこちら

まとめ

今回は、カーリースのデメリットに注目して、カーリースが損だといわれる理由と、リースをおすすめできる人とおすすめできない人の特徴について、それぞれ解説しました。

カーリースは車が自分の所有になるわけではないため、走行距離の制限やカスタマイズの禁止といったあらゆる利用制限がデメリットとなる人もいるでしょう。

しかし、車へのこだわりが無い人や、貯蓄に余裕がないけど自分の車を持ちたい人にとってはメリットとなる可能性もあります。契約の際は自分のニーズをよく考え、カーリースが適しているか見極めてから契約するようにしましょう。

カーリースのメリットを最大限に活かして、お得なカーライフを送ってください。

WRITER筆者

窪谷 ちひろ (くぼや ちひろ)株式会社ジョイカルジャパン マーケティング本部WEB・企画ユニット所属

資格・免許
・普通自動二輪車免許
・普通自動車免許(初心者マーク中)
略歴・職歴
大学時代はイギリス鉄道の研究を行う。在学中にバイクの免許を取得し、モビリティの沼にはまる。大学卒業後、株式会社ジョイカルジャパンに入社マーケティング本部WEB・企画ユニットへ配属。
PR
ライダー目線、4輪は初心者マーク目線で、車に関する情報をお伝えします! また、女性ならではの目線でもみなさんに車の楽しさをお伝えできたらと思います。
キャンプが好きなのでアウトドアシーンでの車遊びはお任せください!

RELATED関連記事

もっと見る