ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

車の買い方

2021年9月3日 (2021年10月08日 更新)

新車購入の流れとは?値引き交渉におすすめな時期や注意点

新車購入の流れとは?値引き交渉におすすめな時期や注意点

新車を購入することは、人生で最も大きな買い物となる可能性があります。それくらい、新車は安い買い物といえず、慎重に決めていかなければ後悔することもあります。

後悔しないためにも、新車を購入するまでの流れや値引き交渉をする際の注意点などをよく理解しておくことが必須です。

今回は、新車購入の流れや値引き交渉におすすめな時期や注意点について解説していきます。

新車購入のおおまかな流れ

新車を購入するまでにはいくつかのプロセスがあり、それに沿っていけばスムーズに購入することができます。

それでは新車購入のおおまかな流れをご覧ください。

手順1.予算を決める

手順1.予算を決める

最初に予算を決めます。どのような支払い方法を選択しても、家計を圧迫することがないようにいくつか支払い方法のシュミレーションをしておきましょう。

手順2.目的に合った車種を選ぶ

手順2.目的に合った車種を選ぶ

予算が決まったら次は自動車をどのように使うのか、目的に合った車種を選びます。

  • ファミリーカーとして使うのか?
  • セカンドカーとして使うのか?
  • 趣味と実益を兼ねて使うのか?

上記のように、それぞれの目的にあった車種を選びましょう。

手順3.販売店に行き、実際に試乗してみる

手順3.販売店に行き、実際に試乗してみる

予算と欲しい自動車が決まったら、販売店に行って試乗させてもらいます。カタログやインターネットの情報だけで車種を選んでも実際に乗ってみると、使い勝手が思っていたより違う場合もあるのです。必ず現車を確認して、試乗することが自動車を選ぶ時のポイントとなります。

手順4.購入の手続きを行う

手順4.購入の手続きを行う

試乗後、自分に合った自動車と判断すれば、購入の手続きを行います。必要書類を提出、契約書に記名捺印をしたり、支払い方法によっては申し込み用紙に記入捺印をします。

手順5.納車

手順5.納車

全ての手続きが完了すれば、後は納車を待つだけです。書類不備や納期の遅れなどない限り、契約時の納期に納車は完了します。

新車購入におすすめなタイミングはいつ?

新車購入におすすめなタイミングはいつ?

新車は、時期やタイミングによって安く買えることがあります。そのポイントをしっかり抑えておくと値下げ交渉もしやすくなります。

2月~3月は狙い目!

ディーラーの決算期は3月となっています。そのため、決算期前は販売台数を伸ばしたいディーラーも多く、値引き交渉に応じて貰いやすいです。注意点として、決算月から動き始めるのは遅く、決算月中に購入まで完了していることが条件となります。また、半期に一度の決算でもある9月も、2月〜3月のまでとはいえませんが、値下げ交渉をしやすい月です。

モデルチェンジのタイミング

自動車は、不定期ですがモデルチェンジをします。モデルチェンジをする前は、現行車を在庫にしないため、少しでも多く販売したいとディーラーは考えます。自分の欲しい自動車がどのタイミングでモデルチェンジをするかリサーチして値引き交渉をすると効果的です。

少しでも安く買いたい!値引き交渉のコツは?

少しでも安く買いたい!値引き交渉のコツは?

欲しかった新車が少しでも安く買えるなら、それに越したことはありません。安く買うためのポイントは値引き交渉でいかに値段が下げられるかにかかっています。

それでは、値引き交渉のコツを見ていきます。

セールのタイミングを狙う

決算期やモデルチェンジ前などはセールを開催するディーラーもあります。そのタイミングを狙って値下げ交渉をしていきましょう。

相見積もりをとる

車両本体価格の値引きやオプション値引き額は、同車でも販売店によって違うことがあります。必ず相見積もりを取って比較、その見積もりを値引き交渉の材料にしましょう。

ディーラーとの関係性を築く

新車は、安い買い物ではありません。何度も販売店へ足を運んで、冷やかしでないことを意地表示してください。そうすることがディーラーとの関係性を築き値引き交渉がしやすくなります。

購入意思を見せる

ディーラーに出向いても、購入する意思がないと値下げ交渉まで応じてくれません。新車を購入する意思を見せることが値引き交渉しやすくなります。

オプション品を値引きしてもらう

自動車にはカーナビやアルミホイールなどさまざまなオプションがあります。これら外注品もありますが、ディーラーオプションを付けるので、トータルの値引きを多くしで貰えるよう交渉してみましょう。

現金ではなくローンで購入する

ディーラーは、現金一括よりも信販系カーローンを組んで購入してくれる方が手数料がはいるという点でメリットがあります。信販系カーローンを利用することを前提に値引き交渉をすることをおすすめします。

新車購入の際の注意点

新車購入の際の注意点

新車を安く買うために、値下げ交渉や購入時期を知ることは重要です。それと同時に、新車購入の注意点を知ることが新車購入後、後悔しないためにも重要なポイントとなります。

予算設定、予算の準備を行う

新車は、安い買い物ではありません。車両本体価格以外にも諸経費がかります。衝動買いをすると後々、家計を圧迫することもあるのです。また、ローンを組む場合は、自分がどれくらいの返済が可能なのかしっかり計画をたてて予算を計上しましょう。

購入条件はしっかり確認する

購入の手続きをした後、契約内容や価格について不服があったとしても、契約後のキャンセルはできません。購入する際には、購入条件をしっかり確認をして疑問点は質問することが重要です。

試乗は必ずすること

新車選びは、見た目を重視する人が大半ですが、実際に乗ってみると使い勝手や運転のしやすさなどが身をもって体験できます。購入後に後悔しないためにも、見た目だけで決めてしまわず、必ず試乗をしましょう。

納車から逆算して計画的に購入を進める

新車の購入を決めてから納車までには、試乗が必須であったり、手続きに必要な書類をそろえるのに時間がかかります。計画的な購入を進めることで、スムーズな納車に繋がります。

新車に乗るならカーリースという手段もある

新車に乗るならカーリースという手段もある

新車を購入するのは楽しみもありますが、予算の設定や手続きの手間などを考えると楽しんでばかりもいられません。ローンを組むとしても頭金は必要で、値下げ交渉もどのくらい下げられるのか未知数です。

「もっと気軽に新車に乗りたい!」このような人に新車購入以外でおすすめな乗り方があるのをご存知でしょうか?最近、新しい新車の乗り方として注目されているのがカーリースです。

カーリースであれば、リース会社から貸与した新車に一定期間マイカーと同じように乗ることが可能です。

カーリースのメリットは

  • 頭金不要
  • 税金・整備費込み
  • 月々定額払い

主に、上記のような点が挙げられます。カーリースであれば、予算の設定や相見積もり、値引き交渉など行わなくても、新車に乗ることができます。

まとめ

今回は、新車購入の流れや値引き交渉におすすめな時期や注意点について解説してきました。

新車購入を決めたら予算の設定や試乗、値引き交渉から契約の手続きと多くの段階をこなしていかなければなりません。手間がかかるうえにまとまったお金も必要なので、「もっと気軽に新車に乗れればいいのに」と感じてしまうこともあることでしょう。
このような悩みを解決することができるのがカーリースです。

新車に乗るならNORIDOKIのカーリースがおすすめ

NORIDOKIのカーリースは、月々定額払いで頭金不要、諸費用も含まれているので予算の設定や、値引き交渉をして安く抑えようという労力は不要です。また、3年毎に乗り換えることもできるので車検の段取りをする心配もありません。

新車購入をお考えの方は、NORIDOKIの利用もぜひ検討をしてみてください。

RELATED関連記事

もっと見る