ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

ジョイカル総合サイト ジョイカル総合サイト

車選び

2022年2月17日 (2022年5月20日 更新)

SUV車とは?種類別の選び方や人気車種などについてご紹介

SUV車とは?種類別の選び方や人気車種などについてご紹介

数ある車種のなかでも、世代を超えて人気を集めている「SUV車」。街でSUVを見かける機会も多いですよね。
そんなSUVも種類別に少しずつ特徴が異なることをご存じでしょうか。種類ごとの違いを理解しておくと、SUV車を選ぶときに役に立ちますよ。

今回はSUVの特徴や種類と、SUVの選び方について詳しく解説していきます。
SUVの人気車種も紹介しますので、おすすめのSUV車を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

SUVとは?

SUVは、「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」の略称です。“スポーツ用途に使われる車”に位置づけされ、おもにアウトドアやレジャー用途に適しており、一般的な乗用車と比較して悪路走破性に優れています。

車高が高く視認性の良さが評判ですが、いっぽうで街乗りでは安定性の悪さがデメリットにもなります。
しかし近年、街乗り走行においても快適な乗り心地を実現した車種も開発されており、日常用途とレジャー用途、どちらの乗り方にも対応した万能なSUV車がより多くの人に選ばれやすくなっています。

SUVの種類

SUVの種類

SUVの種類は全部で6つに分類されます。それぞれどのような車なのか、特徴について違いをチェックしていきましょう。

クロスカントリー車

クロスカントリー車は、一般的に「クロカン」と呼ばれる車です。SUVの代表格でもあり、悪路走行においても耐久性の高い「ラダーフレーム構造」を採用しています。

足場の悪い未舗装路においても地面からの衝撃を受けないように、地上高が高く設計されていたり、足回りが頑丈なつくりになっていたりといった特徴を持つクロスカントリー車。道なき道でもタフな走りを見せてくれる、本格SUVです。

クロスオーバーSUV

クロスオーバーSUVは、クロカンのような走破性も持ち合わせつつ、街乗り走行にも配慮して設計された、いわゆる「現代型クロカン」ともいえる車種です。

クロカンとの違いは、フレームが「モノコック構造」であること。モノコック構造は多くの乗用車に採用されているため、クロスオーバーSUVが悪路走行に向いているかというと、耐久性の面ではクロカンより劣ってしまいます。
ただ、車高が高く作られていたり、4WD走行が可能であったりと、フレーム以外の部分は限りなくクロカンの性能に近づけている車種が多いです。

さらにクロスオーバーSUVのなかから、「フルサイズ」「ミドルサイズ」「コンパクトサイズ」「軽自動車」の4つに分類されます。

フルサイズSUV

クロスオーバーSUVのなかでも全長5,000mm以上と、もっともサイズの大きい「フルサイズSUV」。外車に多く、高級SUVの位置づけに分類される車が多くあります。走行性能はもちろん、外観や室内空間も上質なつくりになっており、快適な乗り心地を実現しているのが特徴です。
車体が大きくて重たい分、エンジン出力や駆動性能にも優れており、力強い走行性を発揮。重厚感のある走りで、洗練された高級感がより際立ちます。

ミドルサイズSUV

ミドルサイズSUVは、悪路での走破性に加え、より安定性を追求した車種です。大きさでいうと、全長5,000mm以下が基準となっていますが、明確な定義はないといわれています。
優れたデザイン性と使い勝手の良さが特徴で、日常使いにおいても快適な走行性を実現しています。ミドルサイズクラスにもなると、女性でも扱いやすいサイズの車が見つかるでしょう。

コンパクトSUV

全長およそ4,400mm以下のクロスオーバーSUVは、「コンパクトSUV」に分類されます。
車体のサイズが小さく、小回りの利くコンパクトSUVは、その運転のしやすさから性別も年齢も問わずあらゆる世代に支持されています。
重量も軽くなるため、燃費が良いのも魅力のひとつ。それでいてSUVの性能はしっかりと兼ね備えているので、いざというときにはパワフルに動かすことができます。

軽SUV

軽SUVはその名の通り、軽自動車のSUVです。走行性と実用性が兼ね備えられた軽SUVは、軽自動車のなかでも人気の高い車種となっています。
悪路走破性にも優れた軽SUVは数少ないですが、軽自動車ながら4WD走行が可能な点や車高が高く運転がしやすい点など、魅力の多い車種だといえるでしょう。

なお、軽SUVの代表格「スズキ ジムニー」は、ラダーフレーム構造を採用しているため、厳密にいうとクロカン車に分類されています。

SUVのメリット・デメリット

SUVのメリット・デメリット

続いて、SUVのメリットとデメリットについて解説いたします。

SUVのメリット

SUVには、おもに3つのメリットが挙げられます。

  • 車高が高いため視認性が良く運転しやすい
  • レジャーシーンにも利用できる
  • 耐久性が高い

悪路走行に対応するため、車高が高く設計されているのが一般的なSUV車の特徴。そのため運転席からの見晴らしが良く、運転しやすいといったメリットが挙げられます。
クロカン車はもちろん、クロスオーバーSUVでもちょっとしたオフロード走行なら難なく走行できる点もSUVならではの魅力です。

SUVのデメリット

SUVのデメリットには、おもに以下の2つが挙げられます。

  • 車体の作りが頑丈で重いため燃費が悪い
  • 街乗りは乗り心地が悪いと感じる車も

悪路走行に対応するべく頑丈なつくりになっているのが特徴ですが、それゆえに車体重量が重くなってしまうため、燃費が悪くなる傾向にあります。
また、車高の高さは視認性が得られるいっぽうで、重心が高くなるため安定性が得られず、乗り心地の悪さがデメリットとなります。

SUVの選び方

SUVの選び方

SUVの種類ごとの特徴や、メリット・デメリットが分かったところで、利用シーン別のSUVの選び方について詳しく見ていきましょう。

ファミリーカー用なら「フルサイズSUV」

車体サイズの大きいフルサイズSUVなら、3列目まで快適に乗ることができるので、ファミリーカー向きとなっています。

フルサイズSUVには静粛性の高い上質な走りを見せてくれる車種が多いため、小さなお子さまがいるご家庭にもおすすめです。

街乗り用なら「コンパクトSUV」

おもに街乗りで使用するならコンパクトSUVがおすすめです。燃費性能も良く、小回りも利くため運転のしやすさは抜群だといえるでしょう。
SUVの走行性能もきちんと兼ね備えられているので、いざというときのオフロード走行も難なく乗りこなすことができます。

扱いやすさ重視なら「軽SUV」

コンパクトSUVよりもさらに扱いやすさを重視するなら軽SUVがおすすめです。
軽自動車なら車両価格や維持費の観点からも手を出しやすいので、SUVの使用感を試してみたいという人にも適しています。

SUVの人気国産車種を紹介

ここでは、国産SUVの人気車種を紹介していきます。発売してから間もないニューフェイスの車種から、長年愛され続けている王道の車種まで、注目の5車種をピックアップしました。

トヨタ:ハリアー

トヨタ:ハリアー
出典:https://toyota.jp/harrier/

高級感のある都会的なデザインが特徴の「ハリアー」。
ミドルサイズSUVに分類されるハリアーですが、全長は約4,700mmとやや大きめサイズとなっています。ハイブリッドモデルも販売されており、ダイレクトな操作感と優れた燃費性能を兼ね備えた、魅力的なクロスオーバーSUVです。

トヨタ:ヤリスクロス

トヨタ:ヤリスクロス
出典:https://toyota.jp/yariscross/

いまやコンパクトSUVを代表するモデルともいえる、「ヤリスクロス」。
街乗りはもちろん、ちょっとしたオフロードにも対応できる4WDシステムが搭載されていて、走行状況に合わせて4WDへとスムーズに切り替えることができます。クーペのような高級感のあるデザイン性も人気のひとつです。

マツダ:CX-5

マツダ:CX-5
出典:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

ミドルサイズSUVの「CX-5」は、マツダの主力ともいえる人気の車種です。クリーンディーゼルを採用したモデルもあり、より力強い走りを演出してくれます。
見た目の美しさからは想像できないパワーと、なめらかな乗り心地に魅了される人が多い、人気の車種です。

スバル:フォレスター

フォレスター
出典:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「フォレスター」はミドルサイズSUVとして、20年以上人気を集め続けている車です。
一般的なSUVに比べると車高が低いのが特徴で、高い安定性を兼ね備えています。独自のAWDシステムを搭載し、実用性の高さと悪路走破性の両立を叶えたフォレスター。個性的なデザインも魅力です。

トヨタ:ランドクルーザー

トヨタ:ランドクルーザー
出典:https://toyota.jp/landcruiser/

世界中から多大なる信頼を寄せている、クロスカントリー車の「ランドクルーザー」。
SUVのなかでも数少ない「ラダーフレーム構造」を採用しており、悪路走行時の衝撃に強い頑丈なつくりが特徴です。 ランドクルーザーはエクステリアも高級感に溢れており、乗り心地もなめらか。走行性、機能性、耐久性、どれを取っても文句なしの、ラグジュアリーな一台です。

お得にSUV車に乗れるカーリース

お得にSUV車に乗れるカーリース

最新のSUV車をお得に乗りたい人はカーリースがおすすめです。カーリースなら、初期費用や頭金は不要で、毎月一定金額の負担のみで車を手にすることができます。

カーリースとは?

初期費用はもちろん、自動車税や車検費用も月々のリース料金に含まれているカーリース。車体には残価を設定するため、実質、自分が乗る期間分の車両価格のみを分割で支払っていくようなイメージです。

契約終了後は車を返却する必要がありますが、売却の手続きなどもなくスムーズに乗り換えできるため、いろいろな車を気軽に試すことができます。

お得にSUVの新車に乗ることができる

新車リースを提供しているリース会社なら、気になるSUVも好きな車種から自由に選んで、お得に新車に乗ることができます。
また、メーカーやジャンルを問わず国産車を取り扱っているリース会社なら、さらに選択肢の幅も広がるのでおすすめです。

SUV車が豊富なジョイカルのカーリース!

SUV車が豊富なジョイカルのカーリース!

ジョイカルのカーリースは、メーカー問わず人気の車種を多数取り揃えています。
どのSUVにしようか迷っている人も、ジョイカルのカーリースならお得に乗れるSUVが見つかるかもしれません。

ジョイカルが提供するカーリースの「ノリドキ」では、短期リース×低価格を実現しています。3年ごとに乗り換えできるので、気軽にSUV車を試すことができます。

NORIDOKIなら3年単位で新車を乗り換え!

NORIDOKI(ノリドキ)は、3年単位で乗り換え可能なクローズドエンド方式のカーリースです。3年の短期リースにもかかわらず、お得なリース料金で人気車種を厳選して提供しています。短期契約なので中途解約のリスクも最小限に抑えることができ、新車リースのため故障リスクも少なく、安心して車に乗ることができます。

POINT

NORIDOKIなら3年単位で新車に乗れるクローズドエンド方式のカーリースです。中途解約や故障のリスクも抑えておトクにご利用できます。
NORIDOKIの詳しい情報はこちら

まとめ

今回はSUVの特徴や種類と、SUVの選び方について解説しました。

オフロード走行に適したSUVですが、最近では街乗り走行においても高い安定性を合わせ持つ車が多く販売されてきています。
現代型のSUVは、デザイン性も高く見た目にも魅力的な車が多くあり、あらゆる世代からの人気を集めています。

ひとくちにSUVといっても、種類ごとに適した利用シーンなどは異なるため、ぜひいろいろな車種を試してお気に入りのSUVを見つけてください。

WRITER筆者

飯野 貢司 (いいの こうじ)株式会社ジョイカルジャパンマーケティング本部商品開発ユニット所属

資格・免許
・大型自動車第一種運転免許
・自動車牽引免許
略歴・職歴
TAXジャンボ蓮田店にて中古車販売事業に7年携わる。その後株式会社ガリバーインターナショナル(現:株式会社IDOM)に入社、2年の店舗勤務を経て、本社での新車事業、法人営業、新規企画など様々な分野に携わり合計19年間勤務。現在は株式会社ジョイカルジャパンの新車事業部を経てマーケティング本部商品開発ユニットに配属。
PR
ジョイカルマガジンでは軽自動車から、コンパクトカー、ミニバン、SUV、外車に至るまで、最新の情報を基にグレード間の装備差などに注目してオススメの購入方法やグレード、装備といったものを徹底紹介します!
長年の経験から、自動車に関する知識やアドバイスも行います。試乗レポートなども今後は展開していく予定です。お楽しみに。

RELATED関連記事

もっと見る