Loading...

NORIDOKIのの取り扱い車はすべてコミコミの定額料金

  • 本契約でないため、審査後にキャンセルが可能です。
  • この条件で審査お申し込み

トヨタ ランドクルーザー新車リース詳細・料金

コミ
コミ
月々定額料金

89,800

税込

この条件でお問い合わせ

審査完了後にキャンセル可能

この条件でお問い合わせ

審査お申し込み

燃費

WLTC7.9km/L

規定走行距離
36,000km
ご契約期間
3年(36回払い)

×

規定走行距離とは?

NORIDOKIでは、ご契約中の走行距離を1年間あたり12,000kmで計算しております。よってご契約は3年となりますので36,000kmになります。この走行距離以内でご利用いただくことで、表示価格でご利用いただくことができます。走行距離をオーバーする場合はお車返却時に超過分のご精算となります。

ご精算例
オーバーした距離が4,000kmとなった場合、超過距離(4,000km)×精算単価(10円/km:税抜)となり、税抜40,000円のご精算となります。
→詳しくはこちら
燃料タイプ
グレード
駆動方式
排気量
3.5L
定員
7
選択可能
カラー
  • ブラック
  • プレシャスホワイトパール
    (税込月々料金:1628円)

内装色について

本革スムース/ニュートラルベージュ

指定オプション
  • 12.3インチディスプレイ
  • T-ConnectSDナビ
  • JBLプレミアムサウンドシステム
  • パノラミックビューモニター
  • マルチテレインモニター
  • ETC2.0車載器
  • 寒冷地仕様
  • リアエンターテイメントシステム
  • 電動リアデフロック
  • ルーフレール(ブラック)
  • クールボックス
  • モデリスタエアロキット

カラーをお選びください

閉じる

  • ブラック
  • プレシャスホワイトパール(税込月々料金:1628円)

次へ

審査完了後にキャンセル可能

審査お申し込み

上記の条件でお問い合わせ

NORIDOKIってどうなの?確かに安いんだけど、カーリースってなんだか不安。

3年ごとに新車に乗り換えるカーライフ!

僕も次に乗り換える新車を選ぶのが楽しみになりました!

特命部長内村航平選手

内村航平

NORIDOKI(ノリドキ)とは

3年ごとに
新車に乗換える
まったく新しい
クルマの乗り方

クルマ

NORIDOKIを利用して今までと何が変わるの?

クルマを所有してしまうと、コストが高いだけでなく、
車検・税金・故障、売却など非常に手間や心配が増えます。
それを解消したのが、NORIDOKIのカーリースなんです!

  • 新車

    01

    3年ごとに新型の
    新車に乗れる

  • コスト

    02

    クルマへのコストが
    かなり抑えられる

  • 車検・税金・故障

    03

    車検や税金、故障の
    心配から開放される

NORIDOKIの特徴

  • 圧倒的な安さ

    今乗りたいを逃さない!
    頭金不要で超低価格を実現!
    憧れのクルマが手軽に乗れます

  • 短期契約だから安心

    新車3年以内だから
    故障リスクも
    極端に少なく、
    現在のライフスタイルに
    合わせて乗り換えが可能

  • 月々定額の明快料金

    新車購入時の税金や諸費用
    毎年かかる自動車税などの
    支払いは不要
    月々定額で安心

どこよりも安く

ご契約いただけます!

NORIDOKIは高残価設定を実現!
頭金不要で超低価格!

憧れのクルマが手軽に乗れます!

安さの秘密

  • 高残価設定を実現!
    低価格が可能に!

    ジョイカルジャパンが今まで培ってきた日本全国・世界中の流通ネットワークとノウハウを集約することでこの「超高残価設定」を実現しました。
    また特定の車両に絞ることによりこの価格設定が可能となりました。

  • お車を返却いただく
    必要があるため

    通常のカーリースの場合、そのまま継続して乗るか、購入するかなどを選べます。
    しかし、NORIDOKIの場合は、車両を必ず返却していただくことを前提とすることで「超低価格」を実現しています。

短期間だから安心!

NORIDOKIなら短期リースでも安いんです!
常に新車なので故障の心配がありませんし、急なライフスタイルの変化にも対応が可能です。

  • 故障リスクが
    非常に低い

    3年以内の契約なので、故障リスクが非常に少なくなります。例え故障してもメーカー保証があるから安心です。

  • 契約リスクが
    少ない

    ライフスタイルに合わせたお車の選択ができます。急な引っ越し、転勤、家族が増えるなど。その時その時の状況に合わせた車を選べるっていいとおもいませんか?

  • 新型の新車に
    定期的に乗換

    車はだいたい3年くらいで飽きると言われています。
    もちろん、その人によりますが、最新型車に常に乗り続けられるのは気持ちよく、人にも自慢できます!

月々定額料金で安心

NORIDOKIなら頭金・ボーナス払い・諸経費・税金など一切不要!
月々「定額料金」をお支払いいただくだけでご利用いただけます。

  • 新車購入時の税金や
    諸費用などが不要

    車を購入する場合、購入時に「登録時諸費用」や「各種税金」は車両本体以外にかかります。
    これらの費用がコミコミの料金です。

  • 継続的にかかる費用が
    コミコミ

    維持にかかる、毎年の「自動車税」はコミコミ。3年契約なので通常車検時にかかる「自動車重量税」、「自賠責保険料」「整備料」などが不要となります。

クルマに傷をつけてしまったら、どうしようかしら・・・

もれなく保障がついてくるから安心して乗れる!

ジョイカル たすかカッター3(スリー)

3年間の安心補償 最大60万円補償

たすカッター3が付いてくるから安心!

ジョイカル たすかカッター3(スリー)3年間の安心補償 最大60万円補償

付いてて良かった4つの補償

  • パンク イメージ

    最大50,000円 × 3回

    パンク

  • ガラス破損 イメージ

    最大50,000円 × 3回

    ガラス破損

  • 落書きいたずら イメージ

    最大50,000円 × 3回

    落書き
    いたずら

  • バンパー破損 イメージ

    最大50,000円 × 3回

    バンパー
    破損

たすカッター3詳細

※たすカッター3をご利用いただく場合
免責金額が1回あたり5,000円掛かります。

トヨタランドクルーザーの特徴

トヨタ ランドクルーザー

1951年に初めて発売されたクロスカントリー車「ランドクルーザー」は、世界170か国、シリーズ累計1,000万台以上販売されていて、2021年8月に70周年を迎えます。信頼性・耐久性・悪路走破性を備え「どこへでも行き、生きて帰ってこれるクルマ」「地球には、ランドクルーザーにしか走れない道がある」を念頭に進化し続けてきた唯一無二の存在です。200系発売から14年で300系へバトンタッチすることとなりました。

グレード構成は、走破性に特化した本格派「GR-S」から、街乗り豪華装備の上級グレード「ZX」。「VX」「AX」「GX」の5グレード。また、V6ツインターボ化した「3.5リッターガソリン(415ps)」「3.3リッターディーゼル(305ps)」と「7人乗り」「5人乗り」の組み合わせになります。

クロスカントリーSUV車の雄「ランドクルーザー」は、盗難される車種としても常にワーストランキング上位に入ります。今回の300系には、指紋認証システムが搭載されますので、どこまで盗難率が減るのか?とても期待したいところです。

悪路走破性に優れたフレーム構造に加え、GA-Fプラットフォームを新採用した新型ランドクルーザーは、全長4985mm(ZX)×全幅1980mm×全高1870mm、最小回転半径5.9mのサイズ感は、軽量化に加え、全長のみ4950mmとなる200系とほぼ同じ感覚で乗車することが可能になると思われます。デザインとしては、全体のスタイルは、今までランドクルーザーのヘリテージを継承しています。横基調の大型メッキグリルが特徴的ですが、「GR-S」グレードだけは「TOYOTA」ロゴを前面に出したブラック塗装となり、グローバルカーならではの演出となります。

トヨタ ランドクルーザーのスペック

グレード ZX 車両重量 -
乗車定員 7人乗り 純正タイヤサイズ 265/55R20
駆動方式 4WD エンジン形式 V35A-FTS
型式 - 最高出力 -
トランスミッション 10速AT 最大トルク -
シート列 3列 WLTCモード燃費 7.9L/km
ドア枚数 5ドア 排気量 3500cc
全長×全幅×全高 4980×1980×1870mm 燃料タンク容量 80リットル
室内長×室内幅×室内高 - 使用燃料 -

トヨタ ランドクルーザーのおすすめのご利用シーン

  • オンロードSUV
    オンロードSUV
  • ラグジュアリー
    ラグジュアリー
  • アウトドア・趣味
    アウトドア・趣味

トヨタ ランドクルーザーの外観・内装

トヨタ ランドクルーザーの安全性能

トヨタ 「Toyota Safety Sense」とは?

ミリ波レーダー+単眼カメラ方式「プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]、自転車運転者[昼])」、「レーンデパーチャーアラート」、「全車速追従式レーダークルーズコントロール」、「アダプティブハイビームシステム」

ロードサインアシスト:道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示します。

先行車発進告知機能:信号待ちや交差点での「うっかり出遅れ」をブザーとマルチインフォメーションディスプレイに表示します。

前後方録画機能付きデジタルインナーミラー:車両後方カメラの映像を表示するだけでなく、ドライブレコーダー代わりに録画することができます。デジタルミラーモードは、死角の少ない広角画像。通常鏡面ミラーモードとデジタルミラーモードの切り替えも可能です(★Sグレードにメーカーオプション)

  • 運転席&助手席(SRSエアバッグ SRSサイドエアバッグ)、運転席SRSニーエアバッグ、3列SRSカーテンシールドエアバッグを全車標準装備

    運転席&助手席(SRSエアバッグ SRSサイドエアバッグ)、運転席SRSニーエアバッグ、3列SRSカーテンシールドエアバッグを全車標準装備

    運転席と助手席のフロント部分だけでなく、運転席の膝部分、運転者と助手席のシートサイドと、2列目シートの頭部側面まで保護するカーテン状のエアバッグを装備しており、乗員の被害軽減を図ります。※シートベルトの着用が前提としての補助装置となります。

  • インテリジェントクリアランスソナー

    インテリジェントクリアランスソナー

    アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れ時や出庫時に、静止物を検知している場合、エンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動ブレーキを掛けます。

  • ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキ★S・G系グレードにメーカーオプション

    ブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキ

    駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで検知。ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザー音により、ドライバーに注意を喚起します。

  • シースルービュー機能付パノラミックビューモニター★Z系グレードにメーカーオプション

    シースルービュー機能付パノラミックビューモニター

    車両を斜め上から見たような映像や自車を消して俯瞰して見える画像をディスプレイオーディオに表示。運転席からの目視だけでは見にくい車両周辺の状況をリアルタイムで確認できます

NORIDOKIについてのお問い合わせ

お客様のご質問に真摯にお応えいたします。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら